似てないようで似ている!女子校出身の女性と男子校出身の男性は相性◎

女子高出身者・男子校出身者はお互いに同性しかいない環境で育ってきている共通点はあるものの、性別が異なるため、相性はあまり良くないんじゃ?と思われがちです。

ただ、実は恋愛においては相性抜群。

その理由を心理学の観点から解き明かしていきます。

両者は似たもの同士

女子校出身の女性と男子校出身の男性は正反対の環境で育っているように見えて、意外にも共通点が多いという特徴があります。

思春期の生活環境に起因した両者の共通点は以下の4点です。

  1. 思春期真っただ中に異性のいない空間で生活している
  2. 学校生活のなかで同性のあらゆる側面を見ている
  3. 異性との接触経験自体が薄く苦手になりがち
  4. 思春期に恋愛できなかったため恋愛経験が薄い

人格形成に重要な時期に共通した環境で育つと、近しい価値観を持つようになります。

以下の項目では、似た者同士だと相性が良くなる理由と、似た者同士は性別を問わず惹かれ合う理由を解説していきます。

似た者同士の相性が良い理由

似た者同士で交際をするとうまくいく理由は、

  • 『価値観の一致』
  • 『居心地の良さ』
  • 『思いやり』

この3点にあります。

①価値観の一致で長続きしやすい

似た者同士は価値観が一致することが多く、お互いを認め合える関係を自然に構築できます。

離婚理由の多くに挙げられるのが、価値観の不一致です。

この点をクリアできる可能性が高く、似た者同士のカップルは長続きしやすいといえます。

②居心地の良さが続く

似た者同士だと感性が近いため、無理に合わせる必要がなく、気楽で居心地の良い付き合いが続けられます。

燃え上がるような恋愛ではないかもしれませんが、温かで信頼のできる関係を築きやすいのが特徴です。

逆に自分に無いものを持っている相手との出会いや恋愛は新鮮で刺激的ですが、付き合いを継続していくと考えの違いから意見がぶつかり合うようになります。

その場合は、どちらかが折れたり我慢したり、そういった衝突を繰り返してでも一緒にいたいという強い思いが必要になるでしょう。

③相手の気持ちを思いやれる

女子校出身の女性と男子校出身の男性は似た環境で育っているため、自分が異性を苦手だと思っているとき、相手も異性を苦手だと推測できます。さらに、異性がどんな存在なのかわからずに心の底ではおびえていることもあるでしょう。

その気持ちをお互いが理解しあってゆっくりと進んでいけるため、最高のパートナーになり得ます。

『この人は自分と似た人なんだ』という気持ちで、自然に相手のコンプレックスに寄り添えるでしょう。

④結果としてラブラブカップルが多い

似た者同士カップルは、価値観や考え方が似ていて相手のことを理解しやすいからこそ衝突が少なく、些細な喧嘩でも防ぎやすいのが特徴です。

諍いを未然に防ぐだけでなく、日常の小さな共通点に幸せを感じたり、無理に合わせる必要がなく自分らしくいられたりするため、生活自体の安心感が高まります。

結果として似た者同士カップルはラブラブになりやすいという特徴があります。

似た者同士は性別を問わず惹かれ合う

似た者同士は相性が良いだけでなくお互いに引かれ合う傾向にあります。

その理由には、『類似性の法則』が大きく関わっています。

『類似性の法則』とは

類は友を呼ぶという言葉があるように、感性や趣味、出身、価値観や学歴などが似ている人ほど距離感が縮まりやすいという法則です。類似性がある相手を無意識のうちに信頼できる人であると判断し、近い関係を構築しやすくなります。

敏腕の営業職の人は『類似性の法則』を利用して、顧客に合わせて話題を変え親近感を抱かせることで売り上げに貢献していくテクニックを持っています。

それほど『類似性の法則』は親しみを感じるうえで重要なファクターになっています。

スムーズに親近感を得られる

人は相手に似ているものを感じとったとき、安心感や親近感を得る傾向にあります。

お互いスムーズに惹かれ合うため最初から無理なく交際に発展でき、付き合い始めたら余計な気を使わず気楽に交際を続けていける関係を構築できます。

これは異性に限った話ではなく、同性でも同じことがいえます。

例えば新しい会社に転職して知らない人ばかりの環境で仕事をするときでも、ふとした会話で同僚と共通の趣味をもっていることが発覚したとします。

そんなときに一気に親しみを感じたり、話しやすさを感じたりすることがあるはずです。

類似性は、人間関係を親密のする一つの要因になっています。

両者はカップルとして相性抜群

女子校出身の女性と男子校出身の男性は似た者同士であり、お互い自然に惹かれ合うため無理なく交際開始できます。

また、価値観が一致しやすいため長続きする関係を築くのに適しています。『類似性の法則』によって信頼関係を築きやすく、安心できる間柄になります。

女子校出身と男子校出身だとあまりにも正反対でまるで異世界の相手のように感じることもあるかも知れません。しかし、実は似た者同士でお付き合いを続けていくには適切な相手になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です